スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こいの*
スポンサー広告


静寂につつまれて。
神社


先日、私たちの土地の氏神様のところへご挨拶に。
いつも私たちの家や生活をお見守り頂いていることへの
感謝の気持ちを家族みんなで伝えてきました。

ここへ越してきて3年半。
まだまだ新参者の私たちです。

以前、住んでいたアパートの横にはその土地の神社があり、
何かと足を運んで感謝の気持ちを伝えていました。
不思議と心がすーっと落ちつき、穏やかな気持ちになりました。

今、住んでいるところの神社もまた小さな森のなかのような
可愛らしい雰囲気の神社でとても心が穏やかになります。

以前住んでいた場所のようにすぐお隣ではないのでなかなか
足を運ぶことが少なくなってしまいましたが、ときにはこうして
住まわせていただいている土地への感謝の気持ちをお伝えしたり、
最近はこうなんですよって報告することって大切なことだと感じます。

見えない者への感謝の気持ちは、自身を戒めるときにも、
自身を褒め称えるときにもとても重要なことだと思います。
これは日本人が昔から自然と行ってきたことですよね。

小さい頃に悪いことをしてしまったとき、
「誰も見ていないからって悪いことはしてはいけないんだよ。
お天道様はみているんだよ!」って母が言っていました。

そうそう先日、TVドラマ「名前をなくした女神」のなかでも、
ララちゃんパパが「誰も見ていないからといって悪いことをしては
いけないんだよ。見ている人がいるよ・・・それは自分だよ。」って
台詞は正しくないけれど、そんなようなことを言っていました。
とてもすてきなことを言うパパだなーって感心しちゃいました。

こういうことを娘にも伝えていけたらいいな・・・*


☆読んでくださってありがとうございます☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
こいの*
★まいにちのこと
4 0

| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。