スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こいの*
スポンサー広告


いまをみつめて
0petitejoie22.jpg

東日本大震災の被害に遭われた皆さま、
心からのお見舞いを申し上げます。

また震災の直接的な被害を受けていらっしゃらない方々にも
今回の震災で大きなショックを受けていらっしゃることと思います。

未だかつて不便な生活や苦しい思いをされている方のことを思うと
ブログのことを考える気持ちにもなれずにいました。

3月11日の震災のとき、わたしは娘の通院のため、
車で実家がある隣の市に移動中でした。
地震はその車のなかで発生しました。

市をまたぐ古い橋の上で信号待ちしていたとき、
信号機や標識が大きく揺れ、車も飛び跳ねるように揺れました。
かなり前から危険を指摘されている橋なので、信号機が変わり
慌てて進んで渡りきった先で路肩に車を止めて揺れが収まるのを
待ち続けましたが、その揺れはなかなか収まりませんでした。

最初は何もわからない娘は笑っていましたが、私の慌てた様子に
次第に泣き始めました。車を停めた場所のすぐ横が川に繋がる崖と
なっていた為、車が横転して転落するのではないかと恐ろしかったです。

その後も大きな余震がつづき、なかなか心も休まりませんでした。
夜になり、娘が38度の熱を出してしまいました。
翌朝病院に行くとインフルエンザにかかっていることがわかりました。
続く余震への恐怖と娘の看病とで不眠の日が続きました。

***

震災から2週間が過ぎ、景色は春へと移り変わりました。
ご近所では子どもたちの元気な声が聞こえてきます。

たくさんの被災者の方々の今と今後。
次々に恐怖がつのる原発事故。

被害の大小に関わらず多くの人々が今も心を痛めていると思います。
わたし自身もいまだに気持ちが落ち着かず、急に泣けてくることもあります。
ですが、今わたしにできること、しなくてはならない一番身近なことは、
娘の笑顔をまもることだと思います。

このうららかな春の光のように人々の心にやさしい光が差し込むよう
祈りながら毎日を大切に暮らしていきたいと思います。

過去の日記を読むとまぶしすぎてブログと向き合うことができませんでした。
文章を書くにも気持ちが集中できず、数日かかってしまいましたが、
いま、私はこんな風に思っているということを記録としておければと思います。

長い文章となりましたが、最後まで読んでくださった方へお礼を申し上げます。
いつもありがとうございます!
スポンサーサイト
こいの*
★まいにちのこと
4 0

comment
こいのさんの思いやりがとても伝わってきました。

私も一人一人が出来ることをすればいいと思います。

母は強しです。

がんばりましょうね。
2011/03/30 07:02 | | edit posted by BEBE
BEBEさんへ
BEBEさん、こんばんは。
こちらにもコメントを寄せてくださり、ありがとうございます!

母になってこどもと向き合うことはとてもしあわせなことですね。
ですが、守るべきものの存在が大きくて、そのプレッシャーに
胸が押し潰されそうなときがあります。
愛するたいせつな命にたいして自分のできることの限界に
途方にくれてしまうようなそんな気持ちを味わいました。

ですが、BEBEさんのおっしゃるとおり、自分のできる範囲で心をこめて
向き合うことがたいせつなんですよね!

いまの自分にできることをひとつずつ。
一歩ずつでも前に進めたらいいかなって思えてきました。
母は強し!今日も娘の太陽でいられるようにがんばります。
BEBEさんもがんばってね☆
2011/03/30 18:40 | | edit posted by こいの*
車の中で地震とは
怖いですね…

地震後は停電や物資不足でしたので
娘さんの看病だけでなく
普通に生活するのは相当大変でしたよね。


私自身、大きな地震はこれまで生きてきて2度目でしたが
やっぱり恐ろしいものだと感じずには居られませんでした。

幼少の頃の大きな地震の時から
私はどうやって立ち直ってきたんだろうと
今思えばびっくりなのですが

少しずつ復興ですよね。

幼少の頃の地震の中で
一番心にのこっていることは
いつも母がそばにいてくれたことです。
そばにいらっしゃるだけで
娘さんは安心だと思います。

無理せず、日々を送ってくださいね^^
2011/04/01 01:46 | | edit posted by かめたそ
かめたそさんへ*
こんにちは、かめたそさん。

かめたそさんもお住いのところから離れた場所での
地震でとても大変だったと思います。

震災から早いもので3週間がたったのですね。
私にとってはまだそんなに時間がたったような気がしないです。

かめたそさんは幼い頃にも大きな地震を体験されているのですね。
そのとき、お母さんのぬくもりが一番安心できたのですね!
このオハナシを聞かせていただいて、私にも希望がもてました。
娘のためにいつも側に寄り添い、笑顔でいてあげようってそう思います!!

かめたそさん、素敵なお話をどうもありがとう*
お互いに身体を大切にすごしましょうね。


2011/04/02 11:53 | | edit posted by こいの*
comment posting














 

trackback URL
http://pjoie.blog23.fc2.com/tb.php/30-a9edbaeb
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。